知ってるようで知らない、漢方のいろんなこと。

漢方ってなんだろう?

植物(草根木皮)や動物、鉱物など、自然界に存在する天然物をそのまま使う薬を生薬とよびます。漢方薬とは、医師が漢方的な診察(腹診、脈診、舌診など)で体力の強弱や体質(証)などを判断し、数種類の生薬を組み合わせて処方する薬のことです。
漢方は、もともと中国(漢)で発達し、日本に渡って独自の発展をしてきた伝統医学で、患者の自覚症状を重視し、病気を身体全体の不調和ととらえ、正しくととのえるのが目的です。人が本来持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高めることに重点をおいています。

漢方って誰でも利用できるの?

誰でも利用できますが、漢方にも副作用があり、食べ物アレルギーがある人がいるように、その人の体に合わない漢方薬を服用すれば、胃腸障害などが起こることがあります。
ただし、西洋薬と比べれば程度も軽く、頻度も少ない場合がほとんどです。

漢方薬局に行くには医師の処方が必要なの?

漢方を利用する場合、医師に相談する場合と直接薬局に相談する場合の2通りがあります。健康保険が適用される漢方薬が必要な場合は医師の処方が必要です。ただし、漢方を利用する人の多く女性特有の悩みを持っていたり、副作用を気にしていたり、長期的で複雑な症状を抱えていたりします。そのような場合は直接漢方薬局に相談してみるのも良いでしょう。体質と症状をしっかり見極めて処方してくれます。

漢方って健康保険がきくの?

現在日本では148種類の漢方エキス製剤が健康保険の対応となっているので、多くの病気や症状に対応できます。ただし、漢方を専門にしている医療機関では、漢方生薬や市販の漢方エキス在を扱っているところが多いので保険がきかない自由診療をしているところも多いです。はじめに問い合わせてみましょう。

どのような症状の人が漢方を利用するの?

胃腸障害、アレルギー、不妊症、婦人科疾患、心身症、自律神経障害、高齢者の老化に伴う種々の病気、高血圧や糖尿病など生活習慣病、虚弱体質などさまざまな悩みをもつ人がおり、どんな病気や悩みにも漢方は適応できるといっても過言ではありません。大切なことは、漢方は「病気を治す」のでなく「その人本来の体の調子を整える」ことを重要視していることです。ですから病気の一歩手前の未病を治したり、原因不明の症状を治したりするために利用できるのです。

最新情報