片町放浪記

#001
福井初⁉ やきとんが食べられる
片町唯一無二の店。

2018/9/1 『遊留里楽酒場 美豚 -miton-』
遊留里楽酒場 美豚- miton-

片町は華やかなメイン通りもさることながら、ちょっと離れたところにも渋い、粋な店が隠れているので、自分のお気に入りの店を見つける、ちょっとした探検気分で散策もできるのだ。

さてさて、ここは片町の繁華街の、さらに離れた呉服町商店街。
かつて栄えた北国街道の、福井における中心的な通り。
夜になれば人気もなくなり、ちょっと寂しい感じに。
そんな中に赤ちょうちんが一つ。
ここは5月にできたばかりの“やきとん”のお店。

“やきとん”?
福井では耳なじみのない言葉だけど、関東では結構メジャーな食べ物。
簡単に言えば、焼き鳥の鳥が豚になったもの。
なら焼き豚になるけど、こう書くと必ず「やきぶた」と呼んでチャーシューを思い出すでしょ。
なので「やきとん」とひらがな。

やきとん


クセになる柔らかさに
お酒も進む進む。

やきとんは「かしら」を筆頭に、焼き鳥と同じようなメニュー構成。
若、ひね、などはないけれど、ハラミやバラなど豚肉料理の部位がいろいろ。
そのどれもが柔らかい!
塩かタレで食べるけど、どちらがいいかはまずはマスターに聞いてみて。
ちなみにおススメは「たたきなんこつ」。
なんこつを叩いて叩いてこまかくしたメニュー。
本数が限られているので注文はお早めに。

あと、老若男女問わず注文が殺到するのが、実はサラダ。
新鮮な野菜は何もつけなくても美味で、むしろ何もつけたくないと思うくらい!
体にしみる味、ってのを体感できるので是非に。

サラダ

やっぱりカウンターでマスターと会話をしながら料理を楽しむのがオツ。
マスターは埼玉出身、こちらにはチェーン店の店長として赴任して来たけれど、福井が気に入って独立後はこの呉服町でお店を構えた。
「やきとんは向こうに帰ったら競争が激しいし、福井はやきとん文化がないし、何よりも人が優しいから」。
ありがたいですよねぇ、福井を気に入って福井でお店を出してくれるなんて。

マスターとの会話


パクチー好きは集合!
このメニューはぜひ体感を。

やきとん以外にもいろいろとメニューがあって、ごはんものもいろいろと。
夜ごはんのときに来るのもいいかも。
あと、全国的に(まだ福井では浸透していないけれど)パクチーがバズってる中、パクチーレモンサワーはかなりおススメ!
ミントの代わりにパクチーなんて、さっぱりした味わいはやきとんタレ味には抜群に合う。
飲み終わったらグラスの中のヒエヒエのパクチーもしっかりいただこう。

パクチーレモンサワー

バラパクチーなる料理もおススメ。
バラ肉の脂っぽさとパクチーの相性はかなりGood!
福井のパクチー好きは是非お試しあれ!


遊留里楽酒場美豚-miton-
ゆるりらさかば みとん

tel.0776-76-0913

福井市順化2-26-23 
(営) PM5:00〜深夜2:00LO (休) 不定休 (席) 20席 (P) なし
お店紹介はこちら

MAP
片町放浪記一覧