月刊ウララ 2018年1月号


大人ウララ
最上のモノを持つということ
最上の福逸品(前編)

最上の福逸品(前編)(1) 最上の福逸品(前編)(2) 最上の福逸品(前編)(3)

対価はそのモノがこの世界に存在するための尺度に過ぎず、そこでは計り得ない価値が、別の次元で存在している。
すべては人の手によって生み出され、そこにはこの街に住む人の想いと、長年この街で培われてきた技が込められている。
単純な、制作の時間と材料に相当する対価とは違う、欲する人が価値を見出した結果の対価が「最上の福逸品」には付いている。


月刊ウララ2018年1月号「最上の福逸品(前編)」アンケート

この企画は面白かったですか? ※必須

 
 
 
 
 


この企画の感想をお聞かせください。 ※必須


あなたについて教えて下さい。

 性別 :  ※必須

 年代 :  ※必須

 在住 :  例) 福井市、永平寺町 など



Copyright © 2018 URALA communications Co.,Ltd. All rights reserved.
月刊ウララ オフィシャルtwitter
月刊ウララ オフィシャルFacebookページ
ページ下端へ
ページ上端へ