Preview

Prev Issue
月刊ウララ 2021年12月号 第1特集「今年1年の自分ご褒美に 和の贅沢、ふくいのニッポンごはん!」1
月刊ウララ 2021年12月号 第1特集「今年1年の自分ご褒美に 和の贅沢、ふくいのニッポンごはん!」2
蕎麦の愉しみ、蕎麦のこだわり。 冷たい蕎麦か温かい蕎麦か、十割蕎麦か二八蕎麦か、付け合わせやトッピングはどうしよう。蕎麦王国・福井ならではの蕎麦の愉しみ方やこだわりをたっぷりと紹介。蕎麦にかける店主のこだわりや熱い想いも語っていただきました。セットや食べ比べ、もう一つのふくい名産「あぶらげ」とのコラボ蕎麦もピックアップ。老舗から新店舗まで23店舗を掲載。
月刊ウララ 2021年12月号 第3特集「シェフたちが贈る聖夜の一皿 クリスマスディナー」
シェフ渾身のXmasディナーを堪能。 冬の一大イベントを彩る、クリスマスディナー特集。フレンチやイタリアンのシェフがこの特別なイベントのために用意したディナーを取り揃えました。キャビアやフォアグラなど、食材にもこだわり抜いたシェフ自慢の一皿を紹介。ディナーだけでなくクリスマスランチを提供しているお店もあるので、「夜はおうちで」という人も要チェックです。
月刊ウララ 2021年12月号 コラムコラージュ「映画監督 清水康彦」
監督・清水康彦が描く、究極の人間ドラマ。 映画『CUBE 一度入ったら、最後』の監督を務めた福井出身の清水康彦氏。初オリジナル作品公認のリメイク版となる今作では、自身がオリジナル作品に感じた「究極のヒューマンドラマ」をキャストとともにどう作り上げていったかをインタビューで語ってくれました。「自身の考えの転機になった」と言っても過言ではない今作は、オリジナルとは違った楽しみ方ができる作品としても必見です。
月刊ウララ 2021年12月号 第2特集「あの店の「美味しい」をお持ち帰り 開店、おうちレストラン。」
充実のおうち時間に「あの店」の「あの味」を。 ちょっと贅沢なおうち時間にぴったりのテイクアウトサービスも充実。福井でもお気に入りの店の味をお持ち帰りして楽しむ人が増えていると思います。そんな「テイクアウト」で注目のお店を特集しました。ホームパーティにぴったりのフレンチやイタリアン、ちょっとしたお祝いの席に並べたいオードブル、一人でも家族でも楽しめる毎日のお弁当やお惣菜など、用途に合わせて利用できるお店を紹介しています。
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA12月号をチェック!
月刊ウララ 2021年12月号 表紙
月刊ウララ 2021年12月号
|発売日|2021年11月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
愉しみ方いろいろ
やっぱり蕎麦が好き。
第二特集
あの店の「美味しい」をお持ち帰り
開店、おうちレストラン。