Preview

Prev Issue
月刊ウララ 2021年6月号 第1特集「長く、愛され続けてきたお店。The 町中華」1
月刊ウララ 2021年6月号 第1特集「長く、愛され続けてきたお店。The 町中華」2
変わらない、ふくいの町中華。 町並みに溶け込むようにたたずむ店構え。変わらない味とコスパなお値段で庶民の味方であり続けてきた、愛すべきふくいの町中華を紹介。写真からもその圧倒的な熱量が伝わってきそうなビジュアルの一皿を、お店の歴史や店主の想いとともに取材しました。家族経営のお店も多く、世代を超えて歴史や思い出を紡いできた舞台裏が垣間見える内容は必見です。
月刊ウララ 2021年6月号 SDGsを理解してサスティナブル福井へ。
私たちに身近な「SDGs」のこと。 世の中のいろいろな場面で目にするようになった「SDGs」。「Susteinable Development Goals = 持続可能な開発目標」を意味する言葉として、多くの国際目標が掲げられ、世界各国でさまざま取り組みが進められています。実は、福井県でも独自の動きが加速していて、私たちにとっても身近なテーマであることをご存じですか? さまざまな業種の県内企業で展開している、「SDGs」のプロジェクトを特集しました。
月刊ウララ 2021年6月号 コラムコラージュ「映画監督 堀貴秀」
映画監督、堀貴秀インタビュー。 6月に『メトロ劇場』(福井市)で上映予定のストップモーションアニメーション映画『JUNK HEAD』を手掛けた堀貴秀監督へのインタビュー記事を掲載。本職は内装業、独学で映画を学び、この作品を作り上げた堀監督からの貴重なメッセージは、海外の映画祭で高い評価を獲得している作品とともに見逃せないアナザーストーリーとなっています。
月刊ウララ 2021年6月号 週末おとな旅「自然と向き合う時間、五湖が生み出す絶景。 福井県美浜町・若狭町」
山頂公園、テラスからの絶景。 ここ数年、大規模なリニューアルが進み、観光スポットとして人気を集めているレインボーライン山頂公園(美浜町、若狭町)へ。湖や海、山、空のパノラマを360度楽しむことができる絶景に、お洒落なテラス席が気分を盛り上げます。その仕掛け人である『株式会社レインボーライン』の石田靖彦社長にも今後の展望などを伺いました。
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA6月号をチェック!
月刊ウララ 2021年6月号 表紙
月刊ウララ 2021年6月号
|発売日|2021年5月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
長く、愛され続けてきたお店。
The 町中華
第二特集
Sustinable Development Goals
SDGsを理解してサスティナブル福井へ。