Preview

Prev Issue
月刊ウララ 2019年9月号 第1特集「“福井メイド”を毎日の暮らしに。」1
月刊ウララ 2019年9月号 第1特集「“福井メイド”を毎日の暮らしに。」2
今どきの伝統工芸、最前線をゆく。 伝統工芸の世界にも変化の波が訪れている昨今。多くの産地を持つ福井も例外にあらず。日常使いからデザイン性に優れたものまで、新しいプロダクトが次々と誕生しています。ということで、今月は伝統工芸の特集です。表紙モデルの女の子と一緒に、越前漆器の産地、鯖江市河和田地区などを巡り、ものづくりに携わる方々の思いなどを伺ってきました。
月刊ウララ 2019年9月号 第2特集「熊川宿の七達人」
熊川宿を盛り上げる“達人”たちのこと。 かつては物流の拠点として、そして宿場町として栄えていた若狭町・熊川宿。現在も落ち着いた雰囲気の町家が建ち並ぶ町並みで、まちづくりに取り組む“達人”たちを取材しました。歴史やまちづくり、ものづくりなど、それぞれの得意分野で“達人”がまちを盛り上げようと取り組みを続けている姿に思わず、心動かされました。
月刊ウララ 2019年9月号 インタビュー「福井県知事・杉本達治」
気になる福井県、杉本知事への質問。 2019年、実に16年ぶりの交代となった杉本達治福井県知事を直撃。今、もっとも気になる杉本知事について、そのルーツ(かつて祖父が暮らしていた大野郡西谷村)や、県の総務部長として初めて福井に赴任した時(2014年)の思い出、そして福井に対して感じている期待感などを率直な言葉で語っていただきました。
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA9月号をチェック!
月刊ウララ 2019年9月号 表紙
月刊ウララ 2019年9月号
|発売日|2019年8月25日
|定 価|641円 (税込)
詳細購入
第一特集
伝統工芸×ニュープロダクト
“福井メイド”を毎日の暮らしに。
第二特集
町民みんなで盛り上げる宿場町
熊川宿の七達人

Editor's Choice

View More
  • 該当する記事はありません。