Editor's Choice

All Articles
アーカイヴ偉大なる福井人を訪ねて 県民性が浮かび上がる
福井の偉人列伝。

編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年2月号
福井県には約30年にわたって社長輩出率全国1位という、驚異的で独立心旺盛な県民性があります。イノベーションもレヴォリューションもトランスフォーメーションも本当は大好きな県民性ということ。それは決して今の時代だけの話ではなく、はるか昔から革新的だったとも言えるのです。そんな福井の偉人たちを物語のように紡いだ「OTONA URALA」を再編集しました。かなり読みごたえがあるので、心して読んでいただけたら。
佐久間勉は、功成り名を遂げた、という人物ではないのですが、死ぬ直前までの生きざまがとても素晴らしく、リーダーとしての態度、行動は軍人としての模範になると称賛された方です。これからの福井を背負っていくリーダーを目指す人には、必ず「佐久間記念交流会館」に足を運んでもらいたい。180度視点が変わるはずです。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年2月号
今や欧米でも「ZEN」という言葉が通用し、世界中のビジネスリーダーが学ぶように、禅の精神は世界を席巻しています。この「ZEN」を世界に広めた人物こそ、高浜町出身の禅僧である釈宗演でした。当時の日本の僧たちは世界へと飛び出し、禅宗を広めることなど、想定外の思考。しかし彼は違いました。その革新性をぜひ読み取ってください。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年2月号
世界中で翻訳された『THE BOOK OF TEA』。茶道の本のように見えますが、日本文化の素晴らしさを世界に発信した名著です。その著者である岡倉天心は、福井藩が営んでいた横浜の店で生まれました。流行で西洋文化をありがたがる風潮に一石を投じ、今の日本文化を人知れず守った人物ともいえるでしょう。その破天荒で、真の通った人生にも注目です。
(月刊ウララ編集部・宮田)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA2月号をチェック!
月刊ウララ 2021年2月号 表紙
月刊ウララ 2021年2月号
|発売日|2021年1月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
メイド・イン・ふくいも!
ココロときめく文房具
第二特集
URALA ARCHIVES
偉大なる福井人を訪ねて