Editor's Choice

All Articles
第二特集いとしの火鍋 この冬、しびれるような辛さに惚れ込む。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2022年1月号
陰陽のマークのような形をした「火鍋」をご存じですか? 日本では辛い「麻辣火鍋」が有名ですが、中国では鍋料理全般を指して「火鍋」と呼んでいるそうです。なんとなく文字のイメージからも「辛そう」と想像しがちですが、そんな火鍋を特集しました。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2022年1月号
中国料理でいうところの「辛さ」は、ただ辛いというわけではなく、薬膳に近いものだと考えてみてください。事実、火鍋には数多くの香辛料や食材がベースに使われています。今回、取材するなかで面白いと感じたのは、中国にはいわゆる老舗料理店というお店がほとんど存在していないということです。それでも時代を越えて脈々と受け継がれてきた食文化としての火鍋にも興味をかき立てられます。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2022年1月号
ぜひ食べてほしいのが羊、ラム肉です。麻辣火鍋には間違いなくラム肉が合います! ごまだれと共にいただくラム肉は最高に美味。思い出すだけで汗がにじみ出るほどのインパクトですが、辛さの中に広がる旨味が麻辣火鍋の醍醐味です。タオル持参で挑んでみてください。
(月刊ウララ編集部・宮田)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA1月号をチェック!
月刊ウララ 2022年1月号 表紙
月刊ウララ 2022年1月号
|発売日|2021年12月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
年末年始のご挨拶に
喜ばれる贈り物。
第二特集
この冬、しびれる辛さに惚れ込む
いとしの火鍋。