Editor's Choice

All Articles
第一特集夫婦って? 結婚って? じつは愛妻家が多い!?
福井の夫婦をリサーチ!

編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年9月号
9月号の特集では「結婚」や「夫婦」について、既婚者から独身者まで幅広い世代の声を紹介しています。仲良し夫婦には、お互いが思う“夫婦観”や“結婚観”についてインタビュー。『もたはん』の酒井康輔さんは「日本愛妻家協会」という団体の福井支部長を務めるほどの愛妻家にもお話を伺いました。
「日本愛妻家協会」は、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)が発祥の団体。その昔、日本の武神である日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が弟橘姫(オトタチバナヒメ)の悲報を聞き、「ああ、我が妻恋し」と嘆いた言葉が村名の由来とされていて、“愛妻家の聖地”として密かに人気を集めているそう。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年9月号
また、その聖地で行なわれている「日本愛妻家協会」主催のイベント「キャベツ畑の中心で愛を叫ぶ」にちなんで、昨年11月22日には福井でも「足羽山の中心で妻に愛を叫ぶ」と銘打ったイベントを開催。「福井って案外、愛妻家の男性が多いんですよ」と酒井さん。“妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで平和になるかもしれないね”というコンセプトのもと、福井の夫婦関係を探る調査員として活動を行なっているそう。そんな酒井さん夫婦をはじめ、特集内ではそれぞれの夫婦にまつわるエピソードや結婚についての考えなど、先輩からの声をぜひチェックしてみてくださいね。
(月刊ウララ編集部・加藤)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA9月号をチェック!
月刊ウララ 2021年9月号 表紙
月刊ウララ 2021年9月号
|発売日|2021年8月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
いま、改めて考えたい。
夫婦って? 結婚って?
第二特集
人が集まるのには、理由がある。
新栄の人々