Editor's Choice

All Articles
インタビュー染色作家・図案家 奥野むつみさん 着物とファッション、
京友禅の表現と可能性。

編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年6月号
5月20日(木)から30日(日)にかけて『越前市ふるさとギャラリー叔羅』が企画した個展に関連して、染色作家で図案家の奥野むつみさんにインタビューしました。京都を拠点に活動を続ける奥野さんは越前市白山(しらやま)地区の出身。今回、初めてとなる個展を地元で開催できることへの想いや、今後の活動への目標などについて6月号の「コラムコラージュ」ページで紹介しています。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年6月号
今回の企画展は『ふるさとへの想い 四季の着物』、『イマジンワンワールドKIMONOプロジェクト』、『ファッションとしての着物』の3部構成。伝統的な着物の魅力とともに、自由な着物の楽しみ方について、その可能性を提案する内容となっているのも注目のポイントのひとつです。奥野さんが立ち上げたブランドで、宝石とドレスをテーマにファッションとしての着物を追求した「Bleuet(ブルーエ)」など、会場でしか味わえない作品のディテールをぜひ味わってみてください。※会期中、5月24日(月)は休館日
(月刊ウララ編集部・野川)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA6月号をチェック!
月刊ウララ 2021年6月号 表紙
月刊ウララ 2021年6月号
|発売日|2021年5月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
長く、愛され続けてきたお店。
The 町中華
第二特集
Sustinable Development Goals
SDGsを理解してサスティナブル福井へ。