Editor's Choice

All Articles
定番What’s Hot? 小浜藩主を迎えた別邸が
現代にアップデート。

編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年6月号
かつて北前船の廻船問屋や漁業でにぎわっていた小浜市西津地区。商いで隆盛を極めていた廻船問屋の一つ、『古河屋』は別邸として「護松園(ごしょうえん)」と呼ばれる、小浜藩主を迎えるための屋敷を設えていました。6月号の『What’s Hot?』ページで紹介している、新しい『GOSHOEN』はカフェやショップ、フリースペースにコワーキングスペースが揃う場所。この場所から小浜を知るきっかけが生まれる“みんなの別邸”に生まれ変わりました。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2021年6月号
一度は時代と共に忘れ去られ、建物は残されていたものの誇りも失いかけていた時期がありました。そんな折、県内の北前船寄港地・船主集落が「日本遺産」に指定されると、「護松園」の記憶も蘇ってきたのです。さらに、西津地区で若狭塗箸を生業とする『マツ勘』が創業100年を迎えることで、地域への取り組みを考えていたことと重なり、「護松園」の復活プロジェクトがスタート。この地域は現在も「西津もん」と呼ばれるほど、異なる文化が息づく場所となっています。
(月刊ウララ編集部・宮田)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA6月号をチェック!
月刊ウララ 2021年6月号 表紙
月刊ウララ 2021年6月号
|発売日|2021年5月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
長く、愛され続けてきたお店。
The 町中華
第二特集
Sustinable Development Goals
SDGsを理解してサスティナブル福井へ。