Editor's Choice

All Articles
第一特集大人ハマるローカル・ミュージアム。 博物館のディープな世界で
大人ならではの楽しみ方を。

編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
10月号の特集テーマは「博物館」。子どもだけでなく、大人も好奇心をかき立てられる展示と空間に、未知なる世界が広がっている福井県内のスポットを取材しました。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
約1億2000万年も前の前期白亜紀の時代なんて、もし福井に恐竜博物館がなかったら想像すらできなかった世界の出来事。はるか昔の時代に生きていた恐竜の姿を現代によみがえらせたり、当時の風景をジオラマで再現したり、研究者たちの地道な調査・研究のおかげで“福井の恐竜時代”についてもいろいろなことが明らかになっています。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
恐竜時代から6000万年ほど進んだ縄文時代についても、縄文博物館でアート作品のような縄文土器や、現代版ピアスのような装身具などなど、縄文人のデザイン感覚やファッション、カルチャーを知る展示内容を前に好奇心がかき立てられます。
一度、訪れただけでは理解できないディープな世界へ。大人ならではの楽しみを見つけに、博物館へ足を運んでみませんか?
(月刊ウララ編集部・野川)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA10月号をチェック!
月刊ウララ 2020年10月号 表紙
月刊ウララ 2020年10月号
|発売日|2020年9月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
地元だからじっくりと。何度でも。
大人ハマるローカル・ミュージアム
第二特集
北信越をめぐる
北国街道 秋ロマン