Editor's Choice

All Articles
定番週末おとな旅 中心市街地に古いお寺が
集まる旧武生エリアへ。

編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
旧武生市の中心市街地には古いお寺が密集しているエリアがあります。その中で今年、本堂など9棟が国の登録有形文化財に指定された『陽願寺(ようがんじ)』について、定番企画「週末おとな旅」で紹介しています。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
浄土真宗本願寺派の寺院で、室町時代後期に創建された『陽願寺』は、地方の有力寺院として重要視され、越前における真宗信仰の要として栄えてきました。宗派の長である門主と公の対面を行なう大広間など、その建物と空間は歴史的にも貴重で見ごたえがあります。「秋の特別拝観」など、公開の機会も予定されているのでお見逃しなく。
編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
『陽願寺(ようがんじ)』はタンス町通りに近いロケーション(JR武生駅からだと車で5分ほどの距離)にあります。通り沿いにある『bistro Un(ビストロ アン)』や、食堂『よ志元本店』のグルメ情報も紹介しているので、ぜひ地元のグルメも味わいながら秋の小旅行に。
(月刊ウララ編集部・野川)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA10月号をチェック!
月刊ウララ 2020年10月号 表紙
月刊ウララ 2020年10月号
|発売日|2020年9月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
地元だからじっくりと。何度でも。
大人ハマるローカル・ミュージアム
第二特集
北信越をめぐる
北国街道 秋ロマン