Editor's Choice

All Articles
定番What’s Hot? 自由な発想とエンタメの力。
新ご当地ブランド『福井迷彩』。

編集部おすすめ 月刊ウララ 2020年10月号
新型コロナによる自粛ムードの中、エンターテインメントの力で世の中を明るくしようと活動してきた『歌う応援隊 ヒトミリリィ』は、福井出身の川縁圭志(かわべりきよし)さんが組むユニットです。結成時から「応援しあえる世の中をつくる」ことを目指して、全国の応援ソングを作るなど活動してきました。
福井の伝統工芸アイドル『さくらいと』のプロデュースも含め、アイデアに事欠かない川縁さんは今回、「福井県内17市町を組み合わせた迷彩柄」のデザインを特徴としたご当地ブランド『福井迷彩』を立ち上げました。
迷彩柄をよく見ると、福井の市や町をモチーフにしています。福井市ならば市境は8市町。それさえも取っ払っていったとき、自由な発想が生まれるはず。川縁さん自身エンターテインメントの世界に身を置いているからこそ、その自由さを追い求めているのだそうです。
今後の展開では福井の企業や技術、製品とのコラボレーションも考えているそう。エンターテインメントの力で地域を盛り上げていく、その取り組みに注目です。
(月刊ウララ編集部・宮田)
この記事をもっと詳しく、
月刊URALA10月号をチェック!
月刊ウララ 2020年10月号 表紙
月刊ウララ 2020年10月号
|発売日|2020年9月25日
|定 価|640円 (税込)
詳細購入
第一特集
地元だからじっくりと。何度でも。
大人ハマるローカル・ミュージアム
第二特集
北信越をめぐる
北国街道 秋ロマン